うさぎのゆるゆるdiary

日常生活でちょっと気になるあれこれを調べて綴っていくブログ

更新する?しない?年会費が増額されたAmazonプライム

f:id:usagi-on-the-moon:20190418214807j:image

こんばんは。

大手通販のアマゾンが有料会員アマゾンプライムの年会費を今年から1000円増額すると発表しました。

 

私も数年前からプライム会員なので、ニュースを見て迷っていたところへアマゾンからお知らせメールが届き、増額後の更新をするかやめるか迷っています。

 

そもそも年会費を払ってプライム会員でいることにメリットはあるのか?

良い機会なので、プライム会員特約について改めて考えてみたいと思います。

 

アマゾンプライム会員とは?

Amazon プライム会員とは

月間500円または年間4900円でPrime Videoの会員特典をはじめ、Amazonの配送特典やPrime Music、プライム・フォトなどが使える会員制プログラムです。

(出展:Amazon)

今回の改正で4,900円になった年会費ですが、以前は年間3,900円で上記のサービスが受けられました。

 

私が会員になった頃は、送料無料や受取り指定が追加料金なしで利用できる配送特典だけだったサービスが、今ではプライムビデオやミュージック、プライムリーディングなど指定された作品がプライム会員なら無料で視聴できるサービスが加わり、かなりお得になりました。

 

Amazonプライム30日間無料体験はこちらから

 

プライム会員のメリットは

f:id:usagi-on-the-moon:20190418212833j:image

私にとって、プライム会員の一番のメリットは何と言ってもやはり配送特典

 

普段から通販をよく利用するので、欲しいものがあるとRakutenやAmazonで見比べて安い方を選んで購入するのですが、同じ商品を購入しても送料が有料か無料かによって差が出ます。

あ、これ安い!

と思っても、送料が高くて結局他店と変わらなかったり、逆に他店の方が安くなったり…

 

ヤマト運輸をはじめとした大手配送業者が配送料の値上げをしたこともあり、送料は決して安いものではありません。

 

その点、プライム扱いの商品は送料が無料なので商品比較がしやすく、受け取り日時を指定したり、お急ぎ便を追加料金なしで利用できることも嬉しい特典です。

 

 

プライム・ビデオやKindleの会員特典でますます便利に

プライム・ビデオ

動画サイトを観る機会が多いなら、プライム・ビデオは断然おすすめ。

 

国内外のドラマやバラエティー、映画など、対象番組が無料で観られる上、Amazonオリジナル番組も配信されています。

 

お子様向けのアニメも数多くあるので、これさえあれば1日中退屈することはありません。

Fire TV Stick   を使用すれば、スマホやタブレットの画面を大画面のテレビへ映すこともできるので、自宅のテレビで好きな番組を好きなだけ視聴できます。

 

 

Amazonプライムビデオ30日間トライアルはこちらから

 

プライムリーディング

f:id:usagi-on-the-moon:20190418213133j:image

プライムビデオと同じように、Amazonが提供する電子書籍Kindleのプライム会員特典。

 

数多くある書籍の中から、プライム会員価格が設定されている物は無料でダウンロードして読むことができます。

 

読書離れしていた私ですが、この特典が利用できるようになってからは以前より読書をする時間が増えました。

 

小説だけでなく漫画や雑誌なども無料のものが数多く、スマホ一つでたくさんの作品が読めるので、通院の時など時間を潰すためによく利用しています。

 

また、英語をはじめとする参考書などもプライム対象になっていて、必要な知識を得るために気になるものを何冊かまとめてダウンロードし、読み比べることで理解を深めていけるのでとても役立っています。

 

まとめ

アマゾンプライム会員のサービスを改めて考慮すると、年会費が1,000円上がっても払う価値があることがわかりました。

 

年間4,900円で、プライム会員特典の映画やドラマなどの動画が見放題。

小説や漫画、雑誌や参考書などの電子書籍も無料で読めるので、個別に有料サイトを契約するよりずっとお得です。

 

まだ会員でない方は30日間の無料体験がおススメ

↓       ↓       ↓

Amazonプライム30日間の無料体験はこちらから